自閉症児、オーソモレキュラー療法の記録②

オーソモレキュラー療法

病院でコウの血液検査をしてもらい、足りない栄養素をサプリメントで補うというオーソモレキュラー療法を試しています。処方してもらったサプリメントは以下の通りです。

  • フィッシュオイル
  • ヘム鉄
  • ビタミンB群
  • 乳酸菌・ビフィズス菌

フィッシュオイル以外はカプセルです。カプセルごと飲めないコウは、カプセルを開いて中身を出して服用しています。しかし…

ビタミンBは苦くてどうしても受け付けないようで、2回程吐いてしまった事もあり断念しました。

それ以外は服用できています。1日2回、1回1カプセルずつと言われています。服用してから3週間程経ちました。まだ大きな変化はないものの、多動に効果的といわれるヘム鉄の効果は感じています。貧血と診断されたコウ。ヘム鉄を飲むと落ち着いていて、コミュニケーションもいつもよりスムーズです。あと、乳酸菌で腸内環境が整ってきたのか、頑固な便秘が解消されつつあります。コウは白米から玄米(分付米)にしてから長年苦しんできた便秘がだいぶ解消されたのですが、このサプリを飲むと必ず1日おきに排便できるようになったので、相乗効果で改善されているんだなと感じています。

オーソモレキュラー療法では即効性はあまり期待できないということなので、気長に様子を見て行こうと思います。

ヘム鉄と乳酸菌のカプセルを開いて中身を出すのですが、コウはリンゴペーストと混ぜるとあまり抵抗なく食べてくれます。ビオセボンというスーパーで売っているフランスのリンゴピューレは少し酸味もあり、食べやすいようです。

リンゴペーストにヘム鉄と乳酸菌を投入。ヘム鉄の存在感がすごいです。独特の匂いもあります。

混ぜました。大人も躊躇してしまう外見です。コウは最初嫌がっていましたが、今は何も言わず食べてくれます。 フィッシュオイルは風味が柑橘系になっていて、飲みやすいようで、機嫌よく飲んでくれます。

それではまたご報告させて頂きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました